私の好きな映画

私の好きな映画は、2006年に公開された、「プラダを着た悪魔」という映画です。
この映画は、大学生の時にDVDを借りて初めて観たのですが、ストーリーはもちろん、登場人物のファッションに魅了され、それ以降何度もDVDを借りては観ています。

この映画の大まかなストーリーは、雑誌のライターを目指す主人公が、ひょんなことから超有名ファッション雑誌を手掛ける会社に入社し、敏腕編集長の秘書として成長を遂げていくということです。
オシャレに無縁だった主人公が、同僚からの冷たい仕打ちに耐え、編集長に課せられる様々な無茶ブリを乗り越え、美しく、たくましい女性へと変身します。
また、途中自分の夢や信念を見失いそうになる彼女ですが、最後にもう一度自分らしさを取り戻す姿は、とても潔く、格好良いです。
登場人物も、高級ブランドに目がない意地悪な同僚や、口調は厳しいけれど、実はとても面倒見が良く、優しいニューハーフの同僚等、個性豊かで面白いです。
初めは垢抜けず、野暮ったかった主人公が綺麗に変わっていく様は、まるでシンデレラの様で憧れてしまします。
また作中に登場する服たちは、どれもハイブランドのもので、オシャレの参考にもなります。

私は仕事で落ち込むことがあった時、よくこの映画を観ます。
困難を乗り越え、成りたかった自分を手に入れる主人公を見ていると、とても良い刺激になり、また明日から頑張ろうと思えます。
まだこの映画を観たことがないという方には、ぜひオススメしたい作品です。

»